デトックスをする3つのポイント(1)


デトックス(毒だし)ってとても大切・・・

 

 

そもそも毒って?

 

悪いものを食べなければいい?

 

汗をかいたりすればいい??

 

わかるようなわからないような・・・

 

入口があれば出口がある。それが自然。

では入口って?出口って?

 

入れてばかりだと容器はいっぱいになってしまって、いくら体にいいものを入れようとしても溢れてしまいます。現代においては、入れるものが過剰気味で、外に排泄することのほうが大切だとも言えます。

 

また、入ったものがいいものばかりとも限りません。

 

特に現代は昔に比べて、化学肥料たっぷりの野菜、加工食品などに含まれる食品添加物、シャンプーリンスや洗剤などに含まれる化学成分・・

 

自然の力で分解することができないものを身体に入れてしまうことが多くなっています。分解できないものはカラダから出ていくことも大変・・

 

 

 

今回はデトックスに大切なポイントを3つに分けてお話していきたいと思います。

 

 

1、口から入る毒

 

普段何気なく食べたり飲んだりしているもの。

体内でエネルギーとなったり、臓器、血液、皮膚など細胞になります。そして代謝ののち、古いものが老廃物となり、カラダの外に排出されます。ところが、この古い老廃物(毒)が排出されず体内に蓄積されてしまうことがあります。

 

☑ 食べすぎ・遅い時間の食事

 

カラダには分解・解毒をしてくれる臓器がありますが、キャパを超えてしまったり、臓器の働きが悪くなると、入ってくるものを分解しきれなかったり、出す力が弱くなってしまいます。

 

適量、そして臓器に負担をかけすぎないものを摂取すること、臓器が本来消化しない細胞再生のために休んでいる時間に食べ物を摂取しない。

 

そうです、夜中のラーメンなんて言語道断・・太る太らない以前に健康に悪いのです。

 

☑ 自然に排出しにくいものを取らない

 

これは皆さんもよくご存じだと思いますが、人工甘味料や防腐剤、安定剤などの添加物や農薬、化学肥料・・・

 

今のご時世で、これをすべて排除するのはまず無理な話ですが、意識しなければ100入ってくるものも、意識を向ければ50にも30にも減らすことはできるはずです。

 

なるべく無農薬の野菜を選ぶ、外食を控え自炊する。加工品をなるべく避けるなどなど・・

 

☑ 消化を助けるカラダの状態を作る

 

胃や腎臓、臓器が冷えていると消化がしにくい状態になります。食べる前に冷たい飲み物を取りすぎたり、カラダを冷やしすぎたりしないようにしてください。

 

☑ ミネラル、ビタミンを摂取し、カラダの酸化を防ぐ。

ミネラルは全身の細胞組織にたまっている酸化老廃物と結びつくとそれを中和して排出できるようにする働きがあります。

また、ミネラル・ビタミンを摂取することでカラダの酸化を防ぎ、正常な細胞を傷つけないようにすることも大切です。

 

2つ目のポイントは次回に・・